WordPressローカル環境を簡単構築!『Local by Flywheel』のインストール

今回は、WordPressのローカル環境『Local by Flywheel』のインストール方法を解説します。

以前はVagrantとVirtualBoxで構築したり、「Instant WordPress」を利用したりしていましたが、最近ではインストールも設定も簡単で、直感的に使いやすい「Local by Flywheel」で作業しています。複数のローカル環境が簡単に構築できて、サクサク動いてくれるので、とても気に入っています。

ローカル構築が初めての方や、他のやり方で挫折経験のある方には、是非ともおすすめしたいローカル環境構築ツールです。

スポンサーリンク

『Local by Flywheel』のインストール方法

『Local by Flywheel』のダウンロード

まずは、『Local by Flywheel』サイトでインストールファイルをダンロードしましょう。

Local by Flywheel is a free local development environment designed to simplify the workflow of WordPress developers and designers. Download it for free today!

・「FREE DOWNLOAD」をクリック

・OS選択→MacかWindowsか(私はWindows環境なので「Windows」を押しました)
・メールアドレスを入力
・「GET IT NOW!」をクリック

赤枠で囲っていない「名前」や「電話番号」は入力しなくても次に進めます。

下のように「Your download is starting!」が表示されダウンロードが開始します。

もしダウンロードが開始されない時は、「click here」を押すとダウンロードできます。

『Local by Flywheel』のインストール

ダウンロードが完了したら、.exeファイルをクリックしてインストールを開始しましょう。

・途中で、「エラーが出たらリポートを送信するかどうか」尋ねられます。

開発の手助けになるので「Turn on Error Reporting」をクリックして先に進むとよいでしょう。(送信したくない方は「いいえ」をクリック)

・下のような画面が表示されたら「LET’S GO!」をクリック
インストールが開始されます。

Local by Flywheelでは、VirtualBox(仮想化ソフト)を使用するため、まずはVirtualBoxのインストールが開始されます。

・画面上に「ユーザーアカウント制御」が何度か表示されるので、「はい」を押して許可してください。

VirtualBoxがインストールされた時点で、「Local by Flywheel」のショートカットがデスクトップ上に作成されます。

強制的に再起動が行われることもあるのですが、その場合は、上記の「Local by Flywheel」のアイコンをクリックし、「LET’S GO!」を押すと次に進むことができます。

・次に、「Host Machine」のインストールが開始されます。

また、画面上に「ユーザーアカウント制御」が何度か表示されるので、「はい」を押して許可してください。

「Local by Flywheel」のインストールはこれで完了です。

引続き、サイト作成画面が表示されるので、最初の設定のみ解説します。

ローカル環境でサイト作成

インストール完了後、「Local by Flywheel」サイト作成画面が表示されます。

・「+ CREATE A NEW SITE」をクリック

・サイト名を入力し、「CONTINUE」をクリック

半角英数字のみ。日本語のサイト名をつけたい場合は、後ほどWordpress上で変更可能です。

ちなみに、入力欄下の「ADVANCED OPTIONS」を開くと、詳細画面が表示されます。
サイト名を「test」にしたので、「test.local」というローカルドメインになっていることが確認できます。

ここでは、ドメイン名の変更や、フォルダの場所、Blueprint使用有無の変更ができます。(基本、デフォルトで問題ありません)

次の画面では、環境の設定を選びます。最初は「Preferred」で問題ありません。

・「Preferred」を選んで「CONTINUE」をクリック

環境をカスタマイズする場合は、「Custom」を選択してください。

下の画像のように、「PHPバージョン」「サーバー」「MySQLバージョン」を好きに選べます。※後で変更することも可能です。

・ユーザー名とパスワードを入力し、「ADD SITE」をクリック

環境設定が完了したら、ユーザー名とパスワードを入力します。(ローカルなので簡単なものでOK)

メールアドレスはメールの動作確認が必要なサイトでなければ、デフォルトで問題ありません。

「ADD SITE」をクリックすると、環境構築がスタートします。

また、何度か「ユーザーアカウント制御」が表示されるので、「はい」を押してください。

完了すると、下のような画面になります。

これで、「Local by Flywheel」のインストールと、ローカルサイトが構築が完了です。

使い方など別記事で解説していきます。

「Local by Flywheel」のアップデートでエラーになった時の解決方法

本日、ローカル環境でWordPressをいじろうと思い、localを起動すると更...
スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ