エックスサーバーでMySQLを設定する方法

WordPressのサイト作成に必要なMySQLデータベース
通常はエックスサーバーでWordPressの自動インストールをすると自動でMySQLデータベースが作成されます。
ただし、勝手にデータベース名を付けられてしまうので複数のWordPressのサイトを管理する場合に不便になることがあります。
なので、WordPressの自動インストールをする前に、管理しやすいデータベース名やパスワードを設定します。

※この作業は必須ではありません。
WordPressで複数のサイトを管理&どのサイトがどのデータベースか把握したい方にオススメです

スポンサーリンク

MySQLデータベースの設定方法

其の1 MySQLデータベースの新規追加

1.エックスサーバーのインフォパネルにログイン
2.サーバーパネルにログイン(直接サーバーパネルへログインも可)

3.データベースのMySQL設定をクリック

4.データベース名入力
①「MySQLの追加」のタブをクリック
②管理しやすいデータベース名を新規入力
③UTF-8を選択
④「MySQLの追加(確認)」をクリック

5.「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリック

其の2 MySQLユーザIDとパスワードの設定

1.ユーザIDとパスワードを新規に設定
①「MySQLユーザの追加」のタブをクリック
②MySQLユーザIDを新規入力 ※「データベース名」と同じにすると分かりやすい

ただし!
MySQLユーザIDは7文字以内でご入力ください。

③パスワードを新規入力
④パスワードの確認を入力
⑤「MySQLユーザの追加(確認)」をクリック

MySQLユーザIDとパスワードの設定が完了しました。

其の3 データベースにアクセス権所有ユーザを設定

其の1で作成したデータベース名に其の2で設定したユーザIDをアクセス権所有ユーザとして設定します
①「MySQL一覧」のタブをクリック
②作製したデータベース名か確認
③「アクセス権所有ユーザ」の項目が「ユーザーはいません」になっているか確認
④「アクセス権未所有ユーザ」の項目から「ユーザーID」を選択
⑤「追加」をクリック

アクセス権の追加が完了しました

「MySQL一覧」タブを確認するとユーザーが追加されてるのが確認できます

複数サイトを管理する場合のデータベース名の設定は以上です。

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ