ニーアシリーズ、DoDシリーズの主な作品一覧と時系列

ニーアシリーズとニーアシリーズの前作にあたるドラッグオンドラグーン(DoD)シリーズの作品一覧、簡単な時系列を紹介しています。

ニーアシリーズの世界観や裏設定を知りたい場合の資料集一覧はコチラ

ニーアシリーズの世界観は、ゲーム本編で1~2割しか説明されていません。時系列や...

まずは、主な作品一覧を紹介。

DoDシリーズ

ドラッグ・オン・ドラグーン

by amazon

主人公カイムがレッドドラゴンと一緒に、世界滅亡をもくろむ帝国軍と戦っていく王道ストーリー。シリーズ最初の作品であり、シリーズ最強の鬱ゲーである。仲間も個性豊かというか変態ばかり。
チャプターセレクトあり。
Aエンドからドラッグオンドラグーン2へ続く。
Eエンドからニーアレプリカントへ続く。

アルティメット ヒッツ ドラッグ オン ドラグーン

ドラッグ・オン・ドラグーン 公式ガイドブック・コンプリートエディション

ドラッグ・オン・ドラグーン2

by amazon

ドラッグオンドラグーンから18年後の世界が描かれている。前作DoDのAエンドからストーリーが繋がっている。ニーアシリーズとはつながりが無いため、DoDの続きが気になる人におすすめ。
チャプターセレクトなし。

アルティメット ヒッツ ドラッグ オン ドラグーン2 -封印の紅, 背徳の黒-

ドラッグオンドラグーン2 公式コンプリートガイド

ドラッグ・オン・ドラグーン3

by amazon

ウタウタイと呼ばれる主人公「ゼロ」が、ドラゴン「ミハイル」と共にウタウタイの妹たちを倒しに行くストーリー。時系列にするとシリーズで最も昔に位置し、すべての元凶となる重要な意味を持つ作品。下ネタも一番多い。
チャプターセレクトあり。

ドラッグ オン ドラグーン3 – PS3

ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド

ニーアシリーズ 

ニーアレプリカント

by Amazon

初代DoDのEエンドから1000年程たった時代が舞台となっている。「一人のために、全てを滅ぼす。」というキャッチコピーとともに、主人公が病気の妹を助けるためにマモノと闘うストーリー。
2周目以降の敵側の心情は、どれも泣けるものばかりになっている。
チャプターセレクトなしだが、途中からの周回可能。
2010年に発売されたPS3版と、2021年にPS4版で発売されたVer.1.22版がある。

ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR (電撃ゲームス) ニーア レプリカント ver.1.22… ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR: Revised Edition

ニーアゲシュタルト

by Amazon

PS3版「ニーアレプリカント」と同時に発売されたXbox 360版。
ニーアレプリカントの主人公とヒロインが、父と娘のバージョンとなっている。
Xbox 360 のみ

ニーア ゲシュタルト – Xbox360

ニーアオートマタ

by amazon

ニーアレプリカントから数千年後、エイリアンに侵略された世界が舞台となる。地球をエイリアンに侵略され月に逃げた人類の代わりに、アンドロイドの2Bと9Sが機械生命体と闘う物語。
チャプターセレクトあり。
前作より悲しいシーンは少ないが、救えない無力感にもんもんとするのはシリーズ通して同じ。

ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション – PS4

NieR:Automata Strategy Guide ニーア オートマタ 攻略設定資料集 ≪第243次降下作戦指令書≫

その他の作品

その他の作品には、スマホ向けタイトルとしてシノアリスと、ニーアリィンカーネーション、ニーアオートマタの前日譚として「舞台ヨルハ」、オートマタのその後が朗読劇として披露されたコンサートなどがある。

ニーアシリーズがよくわかるおすすめの舞台とコンサートは、下記記事で紹介。

ニーアシリーズの世界観は、ゲーム本編で1~2割しか説明されていません。時系列や...

ニーアシリーズ、DoDシリーズの時系列

ゲームのみの簡易的な時系列となります。

DoD3→DoD(Aエンド)→DoD2
DoD(Eエンド)→ニーアレプリカント→ニーアオートマタ

ヨコオワールドの複雑な分岐世界があるので、間に小説などが挟まります。

時系列や裏設定がよくわかる資料集や小説など、下記記事で紹介。

ニーアシリーズの世界観は、ゲーム本編で1~2割しか説明されていません。時系列や...

まとめ

何度も周回することで、主人公以外の人物や敵側の心情に触れることができるゲームです。

どの作品も基本的には前作をプレイしていなくても大丈夫です。
しかし、世界観が不明であったり、前作までに何があったのかなど気になり、裏設定を設定資料集やドラマCDなどで補完したくなる作品でもあります。