WordPressのインストール【エックスサーバー】

サーバーの登録と独自ドメインの設定ができたら、次はWordPressをインストールします。

今回はエックスサーバでWordPressをインストールする流れを記載します。

スポンサーリンク

WordPressをインストールする手順【エックスサーバー】

サーバーパネルへログイン

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

(インフォパネルからサーバーパネルへログイン、又は直接サーバーパネルへログイン)

WordPress簡単インストール

WordPress項目の「WordPress簡単インストール」をクリック

ドメインを選択

ドメイン選択画面になるので、インストールするドメインを選択。

「選択する」をクリックすると、「現在、「●●.com」ドメインには「簡単インストール」機能から追加されたWordPressはありません。」と表示されます。

(まだインストールされていないのでこれで大丈夫です。もし表示されない場合は既にインストールされています。)

タブを「WordPressインストール」に切り替えます。

ブログ名・ユーザー名・パスワードなどの設定

切り替えるとブログ名などを決める画面になります。

①「インストールURL」は基本そのままでOK

②「ブログ名」を決めます。(後からでも変更可能)

③④「ユーザー名」と「パスワード」はWordPressへログインする時に必要になります。

(セキュリティー重視の第三者から推測されにくいものが良いです。WordPressサイトで表示される投稿者名などはインストール後に設定ができます。)

⑤メールアドレス

⑥「キャッシュ自動削除」はデフォルトの「on」で問題ありません。

データベースの設定

次にデータベースの設定です。

・データベースを作成してない方→「自動でデータベースを生成する」にチェック

データベース名やパスワードが自動で決まります。

・データベースの設定をしている方は「作成済みのデータベースを利用する」をチェックし、作成したデータベース名、ユーザーIDを選択して「インストール(確認)」をクリック。

データベースの設定はこちらの記事に記載

WordPressのサイト作成に必要なMySQLデータベース 通常はエックスサ...

確認画面になるので、内容を確認して「インストール(確定)」をクリック。

以上でインストールが完了します。

完了後、ログインURLが表示されます。

(WordPressログインURLになるので、飛んだ先のURLをブックマークしておくと良いです。)

ログイン画面では、先ほど決めた「ユーザー名」と「パスワード」でログインするWordPressの管理画面に入れます。

WordPress管理画面が表示されない場合

ドメインの設定などが反映されるまで、サイト(URL)を表示させても「404 File Not Found 」になる場合があります。

このような場合、しばらくすると表示されるようになります。

ただし、ドメイン設定後24時間以上たっている場合は、「404」と表示されているページで

CtrlF5同時押しで再読み込みすると表示される場合があります。

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ